地域で暮らす

産前産後のご家族に寄り添う 

新しい看護の「かたち」

それは「ナーシングドゥーラ®」

 

一般社団法人

国際ナーシングドゥーラ®協会は

寄り添い使命の看護職

「ナーシングドゥーラ®」の

育成と普及を通して

子育ての楽しさ広がる社会づくりに貢献できる

看護職の新しい働き方を提案します。 

ナーシングドゥーラ®︎は、産後やNICU卒後などのお母様と赤ちゃん、そしてご家族の全生活を支援する全人的看護を提供するナースです。対象は個人から地域、健康な方から末期の方まで、全ての人々のレジリエンス(回復力)を支援するエンバワメンタルナーシングです。

【お知らせ】次回は7月7日(土)@大阪開催 日程詳細はこちらです。


精神科看護領域で活用されつつある「レジリエンス」という概念。回復力・復元力といわれるものですが、産後という身体的精神的社会的変化の中でも自分らしく暮らしていこうと試行錯誤する力を私たちはレジリエンスと捉えます。「我が子との暮らしがなんとかやれてきた」と思える日が来るまで、ジョイニング(寄り添い)を基本に育児家事を支援し、一緒に悩み解決する新しい看護職の働き方「ナーシングドゥーラ®」。心身共に不安定なお母さまや赤ちゃん、また、彼女達を必死に支えようとされているご家族様には、私たち看護の力が必要です。

貴院の産後ケアの立ち上げのお手伝い致します。まずはお問い合わせください。