一般社団法人 国際ナーシングドゥーラ®協会設立趣意書

設立の目的 

 一般社団国際ナーシングドゥーラ協会は、国内外の看護師資格を持つ者に対して、訪問型の産後支援に必要な基本的な知識とスキルに関する講座を提供し全て受講した者に対して「ナーシングドゥーラ®」として認定し、その活動を支援することを目的として設立された団体である。

 この活動を通して、当協会は、全ての産後家族の笑顔づくりと、子育てと看護の楽しさ広がる社会づくりに貢献することを、ここに宣する。

 

 

設立の背景

 昨今、日本では少子核家族化初産年齢の高齢化、祖父母世代の有職率の増加や高齢化により、従来親族から得られた産後支援を見つけることができず、ワンオペ育児や産後うつ・虐待・妊産婦自殺等の社会問題が顕在化している。

 

 しかし、本来、産後6~8週間の女性は「じょくふ」と呼ばれ、出産の侵襲とホルモンの影響で心身共に療養が必要である。また、異常も起こりやすいので、産後の心身の異常の予防と早期発見ができる人材が必要である。

 さらに、新生児についても突然死や乳汁や唾液の誤飲リスクもあるのて24時間目が離せない。

 

 一方、海外では、オランダのクラームゾルフスウェーデンの地域看護師台湾の「到府月子保母」欧米のドゥーラのように、産後支援を公的私的サービスとして提供している国もある。また、日本では、児童福祉法の改正により養育支援訪問事業が拡大され、また、子ども子育て支援法の制定により産前産後サポート事業のガイドラインが公表され、産後支援の整備が進められている。

 

人材不足と資質確保

 ところが、少子核家族それらの市町村の7割近くが産後支援者の人材不足と資質確保を課題としていた。

  そして、医療機関でも産後支援のプロである看護師という国家資格者の潜在看護師は70万人と言われており、その理由には、家事や育児との両立の困難や高度医療への適応困難であった。

  このため、2025年問題を前に、離職中の看護師の復職支援目的で届出制やが開始されているが就労支援サイトでも「子育て支援」や「産後ケア」というキーワードで入力してもヒットしないのが現状である。

 

  そこで、一般社団法人国際ナーシングドーラ協会は、地域での産後支援を業務とする新しい看護職「ナーシングドゥーラ®」を社会に提案するために本協会を設立した。

 

  

初版  2016.08.10

改定版 2019.06.25

 

 

「ナーシングドゥーラ®」から得られること。

 

新生児にとって

・新生児ケア経験がある看護師による養育が家庭で受けられる。

・母親や家族から養育の質が上がる可能性がある。

・新生児の異常の早期発見や早期対応に繋がる可能性がある。

 

母親にとって

・新生児やじょくふケア経験がある看護職と繋がることにより孤立感が低下する。

・タイムリーに育児相談ができる。

・パートナーや上の子・祖父母など、家族との関わりについて相談できる相手が確保できる。

 

パートナーにとって

・父親やパートナーとしての役割についての相談窓口が確保できる。

 

祖父母にとって

・最近の育児方法について学ぶことができる。

・自分たちの子育てが肯定され壮年期老年期の発達課題が達成できる。

 

 

「ナーシングドゥーラ®」になると得られること。

看護職にとって

・個人事業主としての活動を前提としており、自らの育児や家事との両立が可能である。

・新生児への養育やじょくふや家族への支援という家族看護が展開できる。

・看護師としての経験や知識の上に、育児や家事経験を活かし、地域の子育て支援に看護師として参与できる。

・高学歴化高機能化組織化する医療機関とは異なる「療養上の世話」という地域看護が展開できる。

・新生児や産後間もない女性に接することにより、看護職自身が癒されセロトニンが上昇する。

・外国の看護師資格を持つ者が国内の子育て支援に参与できる。

・育児や家事で退職した看護職にとって復職支援となる。

 

ナーシングドゥーラ®による「産後ヘルスプロモーション」   (一社)国際ナーシングドゥーラ協会©2019